用具の保管やお手入れは大丈夫でしょうか?

シーズン初めに板を出したらエッジが真っ赤に錆びていてあわててチューンUPに出す人がいますが、使いたい日に間に合わないなんてことのないように、早めに出しておいたほうが良いでしょう。

また、細かいものもバラバラになったりしないようにきちんと保管しておきましょう。

保管状態が悪いと使えなくなってしまうものもありますのでご注意!

 

スキー板

滑走面をWAXやリムーバーを使ってきれいにクリーンニングしてから、WAXを塗ってあげます。
(できればアイロンを使ったホットワクシングのほうが良い)

塗ったWAXは剥がさずにそのまま保管します。

こうすることによって滑走面と外気が直接触れないようにし、ソールの酸化を防いであげるわけです。

また、滑走面がキズや酸化によって傷んでいるような場合はチューンUPすることをオススメします。(チューンUPは当店でも受け付けています。)

Calafateのスキーチューンナップサービス with Vitora

保管場所は高温多湿なところを避けます。

 

バインディング

ゴミなどを取り除き保管します。

バインディング本体にゆがみや亀裂がないか点検してあげましょう。

リリース機能のついたバインディングの場合、開放強度の調節を緩めて、スプリングのテンションを開放してから保管します。

 

スキーブーツ

まずしっかり乾かしましょう。

プラブーツはインナーブーツや中敷を抜いて、革靴は中敷を抜いてブーツの中の湿気を抜いてあげます。

これをきちんとやらないとプラブーツは加水分解を早めることになり、寿命を縮めてしまいます。

革靴はカビてしまったり、臭いがついてしまいます。

汚れている場合はクリーンニングします。

プラブーツは中性洗剤を使って、革靴はレザークリーナーを使って汚れを落とします。

 

ストック

汚れを拭き取り保管します。

ストックリングやグリップはプラスチックでできているので、直射日光のあたるところは避けたいものです。

2段や3段式のものは中に湿気が残っていることが多いので、下段を抜いて乾かしてあげたほうが良いかもしれません。

 

シール

粘着面のゴミを取り除き、乾かしてから保管します。

湿ったままにしておくとカビたりするので注意!

また、保管する際に暖かいところに置いておくと粘着剤がドロドロになってしまい、接着力が落ちてしまいます。

 

アバランチビーコンなど

アバランチビーコン(雪崩ビーコン)やヘッドランプなどは、電池からの液漏れなどで本体を傷めたりしないように電池を取り出しておきます。

また、アバランチビーコンの調子が悪い(感度など)ようだったらシーズンオフを利用して点検や修理(点検や修理には半年位かかることがあります)に出しておきましょう。

お問い合わせはお気軽にどうぞ03-3952-7117カラファテ目白店
平日 11:00 - 20:00 [ 火曜定休 ]
土曜 10:00 - 19:00
日曜・祝日 10:00 - 18:00

お問い合わせ